忍者ブログ
サクラ大戦のレニに愛。テキスト中心、イラスト少々。シリアスとギャグ混在ぎみ。初めての方はAbout Meへ
[21]  [20]  [15]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大幅削除。
もしオリジナルが見てみたい勇気のあるツワモノな方はえーこまでご連絡を。
ガチで年齢制限かかりそうな勢いだったり。
あ、ちゃんと私18になってるアルヨ。




ミルキーウェイ・3
ー支配人室にてー

「レニのドレス、か…」

 大神はそう呟きながら仕事を進めるが、その手の進みはいつもより遅い。
「大神はーん!うちや!開けてもええか?」
 その時部屋の外から大神を呼ぶ紅蘭の声が聞こえた。いつもの紅蘭ならノックしてくるのに何故?と思いつつも、入ってくれよ、と声をかける。
 そしてドアが開かれたとき、そこに居たのはレニ…彼女一人だけだった。
「れ、レニ!?さっきのは紅蘭じゃ…」
「いややわぁ、紅蘭ちゃうで!」
 レニは満面の笑みで鼻の片方を指で押さえると、紅蘭の口調で喋った。紅蘭の声そっくりだった。
 
「最近できるようになったんだ。みんなからの評判も結構良いんだよ」
「も、モノマネ…」
 やっぱり彼女は変わった。恐ろしいほどに変わった。
「で、隊長。さっき部屋の中からボクの名前が聞こえたんだけど…何かあったの?」
 大神がギクリ、と冷や汗を流す。自分の邪な考えが口から出ていたのではないかと焦る。
「いや…レニを賢人機関のパーティーに連れていくって話だよ」
「ボクが賢人機関のパーティーに?」
 彼女自身もどうして自分が?というように目を丸くした。
「レニなら一番欧州の言葉が分かるだろう、って、かえでさんが」
「なるほど。それなら一番ボクが適任だね。賢人機関のパーティーって…確かクリスマス公演の日だよね?」
「そうだよ。…公演の後にパーティーはつらいかい?」
「そんなことない。…ボクの誕生日に隊長と夜まで一緒にいられると思うと…嬉しい」
 頬を主に染めて、俯きながらレニは言った。彼女にとって精一杯な感情表現であるが、それでも大神は嬉しく思う。
「レニ、ちょっとこっちにおいで」
 支配人室の大きな椅子、かつては米田支配人が座っていた場所に座る大神はレニを側へ呼び寄せる。レニはまだ少し赤い頬のまま大神の元へと歩み寄る。
「どうしたの?たい…!?」
 レニが近くに来たかと思うと大神は腕を伸ばしてレニを抱き寄せた。油断して一瞬で起きたことを判断できず、狼狽えていたレニであったが、やがて大神の背中に手を廻し、厚い胸板に頬を寄せた。
 暫く抱き合っていた彼らであるが、すっと大神が腕の力を緩めると今度はレニの薄桃に彩られた唇に口付けた。
 レニは思いもよらぬ大神の愛情表現の連続に目を見開いて驚いていたようだったが、その腕に力を入れ、すっと目を閉じた。


 
「あっ」
 いきなりレニが大神の腕から逃れるようにもがく。
「もうお稽古始まっちゃう。早く行かなきゃ」
 大神の腕から脱出して支配人室のドアのところまでレニが急ぐと
「レニ」
 大神がレニの名を呼ぶと、レニが振り返る。
「かえでさんから聞いたんだ。パーティーに連れていくにもレニは男物の正装しか持ってないって。だからレニの服を俺が選んでしまってもいいかな?」
「隊長がボクの為に選んでくれたら、どんなものでも嬉しいよ」
 レニはニコリと笑って、じゃあ、と言って支配人室から出ていった。大神は再びどんなドレスがいいか思案することにした。
 
 彼女に…レニにこれ以上のことをするつもりは全くと言ってもいいほどになかった。彼女に女性としての魅力を感じていないわけでもなく、彼女への愛情の確認をする必要性を感じていない訳でもない。双武に彼女と乗った時点で、彼女は俺のパートナーだ。長安にも、もちろん俺とレニが共に生きていくことを後押しした米田さんにも望まれた通り俺はレニといつか子供を授かり育てていくであろう。
 別に望まれたその道が嫌だとは思わない、むしろ俺たちが一番幸せになることが出来る道だと思う。
 それなのにレニとこれ以上の関係にならないのは…彼女を傷つけてしまいたくない、そう思っていた。
 本当にただそれだけなのか?ただ綺麗事を言っているだけではないのか?そう思った。
 彼女を手にしたい。もっと彼女と生きて行きたい。誰にも負けない自信がある。
 しかしこの思いを彼女に押し付けてしまっているのではないか?と。
 彼女が笑顔を取り戻してからまだそう時間は経っていない。もしかしたら彼女は俺ではない、パートナーを見つけて共に生きていくことを望むのではないのか、と。こんな彼女を手に入れようとドロドロとした感情を持つ俺に抱かれた身体が、彼女にとって障害になってしまうのではないか。
 そう考えるだけで、俺は怖かったんだ…

------------------------------


以降レニ晒し説採用です。
これに関しては今後書きますよ(笑

削除前は、すごく鬼畜大神でした。ひどいだろ、これ。
ネタバレですが、
レニぎゅ->「もうおけいこはじまっちゃう」
の間に約○バイトの葛藤があったのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Web Clap
ウェブ拍手です。
メールなんて送るのめんどくせぇよ!!
一言いいたいだけで~す!な方はぜひご利用ください。
お褒めの言葉以外も受け付けております。
ただいまお礼SSはモトホシ・大レニ・マリかえ・マリかえレニ・はずれでまわっておりますvv
リンク


当サイトについて
ブログ名:Karo-Tosen
ライター:えーこ
URL:
http://karotosen2u.blog.shinobi.jp/
※バナーは直接リンク可。
こんなブログでよければリンクフリー。
リンクフリーの本来の意味は「トップページはリンクしても可」って意味なんだって。

お気に入りのサイトさまたちvv
銀座で直立歩行
塩絡みさま。モトホシ等
白鷺遊戯
くらゆきさま・わとこさま。マリかえ・カンすみ等
pincushion
観月さま。レニ中心。
WARBIRD WINGS~戦う翼達よ~
シンゴさま。サクラ大戦、ああっ女神さまっなど。
夢のつづき
蓮華さま。サクラ大戦など。

素敵なリンク集等サイトさまv
帝劇 りんく倶楽部さま
桜風さま
※サーチ・リンク集等は、管理人名を書く必要があるのかどうかすこし疑問があったため、サイト名のみとさせていただきました。

画像を使用させていただきました。
NOIONさま
最新コメント
[01/27 シンゴ]
[01/20 シンゴ]
[01/07 えーこ]
[01/06 シンゴ]
プロフィール
HN:
えーこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]